新宿御苑の桜2023年の開花予想!見頃はいつ?予約必要?混雑回避の方法も

新宿御苑の桜

新宿御苑では、カンザクラ・ソメイヨシノ・ヤマザクラ・イチヨウ・カンザンなどをはじめ68種類、約1,000本の桜のお花見が楽しめます!

それぞれの桜で見頃時期が異なるので、2月~4月の2ヶ月間、お花見ができるんですよ^^

都内の真ん中にありながら、周りには高いビルがなく、まるで大きな庭園に行っているような雰囲気が味わえます。

また、園内は自然に近い状態で花や木が維持されていて、とても心地のいい時間が過ごせると人気のお花見スポットです。

桜の見頃時期には非常に混雑するので、密回避のために新宿御苑のお花見は2021年から予約制になったんです!

これまでのように、思い立った時にフラッと行ってお花見できないのは、残念ではあります…。

でも、見頃のうちに新宿御苑の桜は見ておきたいですよね!

そこでこの記事では、2023年の新宿御苑の桜について、

  • 開花予想
  • 満開になる見頃はいつか
  • 予約は必要?予約方法について
  • 混雑回避の方法

これらの情報を中心に、ご紹介していきます。

新宿御苑に桜のお花見に行く際の、参考になれば幸いです。

新宿御苑の桜2023年の開花予想

▼園内では、色々な桜が楽しめますよ^^

まずは、一番気になる開花予想ですね!

新宿御苑には68種類、約1,000本もの桜があり、それぞれの桜で開花の時期は違います。

ここでは、一番メジャーで本数の多い、ソメイヨシノの開花予想をお知らせしますね。

2023年の開花予想は、まだ発表されていません。

分かり次第、追記します。

参考までに、2022年の開花状況はこんな感じでした。

  • 開花:3月20日
  • 満開:3月27日
  • 桜吹雪:4月2日

例年ですと、3月20日あたりに咲き始めて、その約一週間後に満開になります。

3月の最終週あたりに訪れるのが、ベストですね^^

2023年は3月25日が土曜日、26日が日曜日と週末にあたります。

この週末がちょうど咲き具合が良いときで、人出も一番多くにぎわって混雑しそうですね!

その翌週の4月1日(土)・2日(日)ですと、散り始めている可能性が高いです。

ただ、桜吹雪の中のお花見も、満開の頃とはまた違った美しさがありますよね!

満開を楽しみたい方は3月下旬、桜吹雪を楽しみたい方は4月の上旬が良いでしょう。

新宿御苑の桜2023年の見頃はいつ?

2023年の桜の開花予想はまだ発表されていませんが、前述のように新宿御苑には68種類、約1,000本もの桜があります。

種類によってそれぞれ見頃時期が異なりますので、2月~4月の2ヶ月に渡って桜のお花見ができるのが嬉しいですね^^

この桜が見たい!という希望のある方は、その見頃時期に行くと良いですね。

代表的な桜の種類の、見頃時期をご紹介しますね。

カンザクラ

一番最初に咲き始めるのカンザクラ(寒桜)で、1月下旬~2月上旬には咲き始めます。

長い期間咲くのが特徴なので、2月中は見頃として楽しめますよ。

ソメイヨシノによく似た、薄ピンクの小さな花弁が可愛らしい桜ですね。

河津桜

新宿御苑には、河津桜もあります!

河津桜の見頃は2月中旬~下旬

都内で河津桜のお花見が楽しめる、穴場と言えます^^

2月中はまだ人もあまりいないので、ゆっくりお花見ができますよ。

ヤマザクラ・ソメイヨシノ

新宿御苑で一番本数の多い桜は、お馴染みのヤマザクラとソメイヨシノです。

前述のように、見頃時期は3月の最終週ごろになります。

イチヨウ

秋に黄色くなる銀杏 (イチョウ)じゃないですよ、イチヨウ (一葉)桜です。

ソメイヨシノが散り始めた頃に蕾がふくらみ始め、見頃は4月の上旬~中旬です。

幾重にも重なった花びらが美しい桜です。

カンザン

遅咲きの八重桜で代表的なのが、カンザン(関山)ですね。

濃いピンク色のぼってりしたお花が、こぼれるように咲くのが特徴です。

4月中旬~下旬に見頃を迎えます。

園内で、どの桜がどこで見られるのか、またアクセス方法や駐車場について知りたい方は、こちらの記事をご参照くださいね。

新宿御苑の桜どこで見られる?アクセスや駐車場情報まとめ
新宿御苑は、新宿という東京のど真ん中にありながら、広さ58.3ha・周囲は3.5kmもあるひろーい庭園です。周りに高いビルがほとんどなく、開けた空の下で緑の庭園を散歩するのは、とっても気持ちが良いですよ。毎年春にはカンザク...

このように、新宿御苑の桜は種類によって見頃の時期が違います。

2月~4月の間、毎月訪れてもその時々の桜が楽しめるのが魅力ですね。

それでは、新宿御苑に桜を見に行く際の予約について、次項でご紹介します。

新宿御苑の桜2023年の予約は必要?

新宿御苑の桜のお花見ですが、2022年から予約制を導入しています!

予約するのは面倒に感じるかもしれませんが、そのおかげで大混雑が避けられて、ゆったりとお花見ができますよ^^

新宿御苑には新宿門・大木戸門・千駄ヶ谷門の3箇所の入り口がありますが、それぞれに下の画像のようなゲートが設けられています。

事前に予約をした人だけが、入場できるシステムになっています。

ツイッターでは、予約しなくても入れたという声もありましたが、その場で当日予約をした可能性がありますね。

当日予約については、後ほどご紹介します。

新宿御苑の桜2023年の予約方法

新宿御苑の桜のお花見の、予約方法をご紹介します。

予約制適用時期:2023年の適用時期はまだ未定です。

分かり次第追記しますね。

2022年は3月19日(土)~4月10日(日)だったので、今年もそれくらいの時期の可能性が高いです。

ちなみに、新宿御苑の入場料はこちらです。

  • 一般:500円 
  • 65歳以上:250円 
    ※窓口で年齢の確認できる証明書の提示が必要です。
  • 学生(高校生以上):250円
    ※窓口で学生証の提示が必要です。
  • 小人(中学生以下):無料

予約の方法は、WEB予約ハガキかFAXによる予約の2通りがあります。

WEB予約

WEBでの予約の場合は、アソビュー!のサイトにて行います。

2023年度の予約受付はまだ始まっていません。

始まり次第、リンクを追加しますね。

予約のチケットには2種類あり、

  • 割引料金適用の65歳以上、学生の方日時指定事前予約券
    (当日、券売所で入園券を購入する、日時指定事前予約券。支払いは当日になります)
  • それ以外の大人の方:日時指定電子チケット(入園券)
    (事前に予約しWEB上で決済する入園券です)

割引料金が適用しているか確認のために、65歳以上の方と学生の方は、WEB上では訪問日時の予約だけができます

支払いは、当日窓口で身分証明書などを見せて行うかたちです。

ハガキかFAXでの予約

往復ハガキやFAXでも、事前予約ができます。

申込期限は、往復ハガキの場合は、予約希望日の7日前の消印有効になります。

例えば3月18日(土)が希望の場合は、11日(土)までの消印が有効です。

日にちに余裕を持って予約する必要があるので、お気をつけくださいね。

FAXの場合は、予約希望日の2日前までに送ってください。

例えば3月18日(土)が希望の場合は、3月16日(木)までです。

宛先や記載方法については、2023年の情報が明らかになってから追記します。

お問合せは、新宿御苑事前予約サポートコールセンターまで。

(電話番号:03-6629-2142、受付時間:9:00~18:00)

当日予約はできる?

予約制なのを知らなかったり、うっかり予約し忘れてしまうこともありますよね。

当日予約なしで行った場合でも、当日枠に空きがあれば入場することができます

その場で予約サイトにアクセスして、予約手続きを行ってください。

枠は1時間ごとに設けられているので、都合の良い時間を選んでくださいね。

ただ、予約した時間よりも早く入場することはできません

例えば13時に予約したのに、12時に入ることはできません。

しかし、いったん入場すれば時間制限はありませんので、入場可能な一番早い時間帯で予約を入れるのが良いですね。

予約なしで入れる方法

実は、新宿御苑の桜の花見に予約なしで入れる方法もあります!

以下の条件に当てはまる方は、予約なしで入場OKです。

  • 年間パスポートを持っている方
  • 入園料が無料の方
    (中学生以下・身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と介助者1名)

新宿御苑の年間パスポートを持っていれば、桜の花見の時期でも予約しなくて良いんです!

年間パスポートの料金は、一般が2,000円、高校生が1,000円になります。

購入した日から1年間有効です。

一般の1回の入園料が500円なので、年に4回以上行けばもとが取れますね。

前述のように、新宿御苑の桜は2月~4月の間毎月行っても楽しめますし、秋は紅葉もキレイです。

2,000円と手頃な価格なので、この機会に年間パスポートを購入するのもアリですね^^

新宿御苑の桜2023年の混雑回避方法

▲桜と園内の緑のコントラストも素敵です^^

予約制になり、以前よりもかなり混雑が緩和されるようになった新宿御苑の桜のお花見。

さらに混雑を回避する方法はあるんでしょうか?

方法は、以下の3つが考えられます。

  • 空いている時間に行く
  • 空いている門から入る
  • 一番混むソメイヨシノの時期でない時に行く

それぞれ説明しますね。

空いている時間に行く

新宿御苑の入園時間は、桜で混雑する時期は9:00〜17:30です。

気温が上がって陽気が良くなるお昼時~午後15時くらいが混雑のピークになります。

なるべく空いている時間帯に行きたい方は、開園直後~午前中か、16時以降~閉園までがオススメです。

空いている門から入る

新宿御苑には、新宿門・大木戸門・千駄ヶ谷門の3箇所の入り口があります。

このうち、新宿門は新宿駅・新宿御苑駅・新宿三丁目駅と利用客の多い駅からのアクセスが良いので、一番混雑します。

新宿門から入る場合は、予約をしていても、入場手続きで時間を取られてしまう可能性がありますね。

なるべく待たずにスムーズに入りたい方は、大木戸門か千駄ヶ谷門からですと空いている可能性が高いですよ。

一番混むソメイヨシノの時期でない時に行く

既にお話した通り、新宿御苑にはカンザクラ・ソメイヨシノ・ヤマザクラ・イチヨウ・カンザンなどをはじめ68種類、約1,000本の桜があります。

見頃時期はそれぞれ違いますが、やはり一番メジャーで本数の多いソメイヨシノの時期が一番混雑します。

ソメイヨシノは他にも見られる場所がたくさんあるので、カンザクラや八重桜など、他の桜の見頃時期に行と空いている中でのお花見が楽しめますよ。

私が行った3月中旬過ぎには、しだれ桜がキレイに咲いていました^^

新宿御苑の桜2023年の開花予想・見頃・予約・混雑回避の方法 まとめ

今回の記事では、2023年の新宿御苑の桜について、開花予想や見頃がいつか、予約のやり方や混雑回避の方法をご紹介しました。

新宿御苑は68種類もの桜が植えられていて、それぞれ見頃時期が違うので、2月~4月の2ヶ月間桜が楽しめるのが魅力です。

とは言え、やはりソメイヨシノの時期が一番人気で、一番混雑します。

この時期の入場は予約制になりますので、事前予約を忘れないようにお気をつけくださいね。


★新宿御苑に桜の花見に行くのに、オススメのホテルをご紹介します!

小田急センチュリーサザンタワー

新宿駅南口・バスタ新宿より徒歩3分の好立地!

東京観光の拠点に便利なホテルです。

>>小田急センチュリーサザンタワーを詳しく見てみる

ラ・ジェントホテル新宿歌舞伎町

ドリンク一杯無料つき!

西武新宿駅徒歩3分、周辺にはコンビニやレストランも充実しています。

>>ラ・ジェントホテル新宿歌舞伎町を詳しく見てみる

ホテルサンルートプラザ新宿

新宿駅南口・バスタ新宿より徒歩3分で観光に便利♪

全室禁煙&客室はスマートTV導入で快適な滞在を!

>>ホテルサンルートプラザ新宿を詳しく見てみる

楽天トラベルを利用すると、旅行にお得に出かけられる可能性があります!

ホテルなど宿泊施設の他に、高速バスや航空券の割引きクーポンも数多くあります。

少しチェックするだけでも、お得な情報がたくさん見つかりますよ!

訪問場所や日程から検索もできて便利です!

一度のぞいて見てくださいね★

⬇⬇

宿泊料金割引クーポン「RaCoupon(ラ・クーポン)」 【楽天トラベル】
宿泊料金その場で割引!宿泊料金割引クーポン「RaCoupon(ラ・クーポン)」

楽天市場では、スーパーセールが毎年3、6、9、12月に開催されます。

この時期は特に狙い目!

国内外の旅行が激安で予約できたり、特別クーポンゲットのチャンスですよ★

この記事を書いた人

旅行大好き!おでかけ大好き!なアラフォーです^^
大手旅行会社で、ツアーコンダクターの経験アリ。
日帰りから数日間の旅行まで、フットワーク軽くどこへでもお出かけしています。
このサイトでは、私があなたのツアーコンダクターになって、日本全国のお出かけ情報をご紹介していきます♪

しまねこをフォローする
お花見
しまねこをフォローする
全国おでかけ情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました